クリ、栗、どんぐり、シイ、椎について|ブナ科クリ属

クリ・ブナ科クリ属

クリは、誰もが知っている食用の実が成る樹木です。
栗は、土地名や名字に使われることも多い。東北地方が主な産地で今では植林も盛んです。

食用の他にも、住宅の土台や鉄道の枕木など堅くて湿度に強い木材としても有名です。

シイは、どんぐりができる樹木です。以前は、木炭の材料として活用されてきました。
木炭の需要が少なくなってきた現在ではシイの丸太はかなり大きく育ったと言われています。
現在、シイの新しい活用法が考案されています。

バラ科の広葉樹といえば以下のような樹木があります。


クリ 栗

  • 学名:Castanea crenata
  • 別名:ジグリ、シバグリ
  • 分類:ブナ科クリ属
  • 原産・分布:日本(北海道~九州)、朝鮮南部
  • 用途:枕木、土台、フローリング、食用



栗の木
栗の木

 

栗林
栗林

 

栗の木とイガ
栗の木とイガ

 

栗の丸太
栗の丸太

 

栗の木肌
栗の木肌




シイ

  • 学名:Castanopsis cuspidata var. sieboldii
  • 別名:イタジイ、ナガジイ、シイ(ツブラジイと併せて)
  • 分類:ブナ科シイノキ属
  • 原産・分布:本州(福島県~佐渡以南)、四国、九州、沖縄、済州島
  • 用途:枕木、土台、フローリング、椎茸の原木



シイ・椎の森
シイ・椎の森

 

シイの実(どんぐり)
シイの実(どんぐり)

 

シイの原木
シイの原木

 

シイの丸太
シイの丸太

 

シイの木肌
シイの木肌